profile

海老澤 美幸
弁護士/ファッションエディター

フリーランスのファッションエディターとして、『ELLE japon』『Harper’s Bazaar』『GINZA』等の女性ファッション誌や広告のディレクション・スタイリングを手がけてきました。ファッション業界で仕事をする中で法的問題に直面することも多く、ファッションに精通した弁護士がぜひとも必要であると感じ、ファッションを専門とする法律家を目指しました。
法律とファッションの両方の専門家として、少しでもみなさまのお役に立ちたいと思っております。

〈経歴〉
1998年 慶應義塾大学法学部卒業/自治省(現総務省)入省
1999年 株式会社宝島社 雑誌『spring』編集部
2003年 渡英 デザイナー・スタイリストMarko Matysik氏に師事
2004年 ファッションエディターとして独立
2016年 弁護士登録(第二東京弁護士会)
2017年 ココネ株式会社/林総合法律事務所

ファッションエディターとしてのプロフィールはこちらをご覧ください。

Miyuki Ebisawa
Attorney-at-law/Fashion editor

Ms.Ebisawa had worked as a freelance fashion editor, for Japanese popular fashion magazines e.g. “ELLE japon” “Harper’s Bazaar” “GINZA” etc, and for fashion advertisements.
She faced legal problems during her career as a fashion editor, and she recognized that a lawyer who is well-informed about fashion is really needed. So she aimed for a lawyer who specializes fashion law.
Ms Ebisawa is very keen to be helpful all fashion people in trouble as a both law and fashion expert.


Hayashi & Partners (2017)
Cocone Corporation (2017)
Freelance Fashion Editor (2004)
Stylist & Fashion Editor Assistant (2003)
Takarajimasha, Inc. (1999)
Ministry of Internal Affairs and Communications (1998)
Keio University (1994-1998)